読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My favorite things

 

 

マイヤ プリセツカヤさんは、私がこの世の中で一番愛しているプリマドンナ様。

 

2015年5月2日に亡くなられたそうだ。

 

この方の特集を1997年にNHKで観た。「瀕死の白鳥」

 

凄かった。

 

動けなかった。 人間が、白鳥になっていた。

 

なんと美しいものだったろうか。

 

最後の最後の腕の一振り、その震えまで、見事な芸術であった。

 

確か特別にNHKの撮影のために踊ったもので、観客の誰もいないそれは厳かと言える空間で、彼女は白鳥になっていた。

 

場所はNHKスタジオ。

 

音楽はカミーユ・サン=サーンス作曲の組曲『動物の謝肉祭』より「白鳥」。

 

マイヤ プリセツカヤ様は、本当に好きで、大好きで、観られるだけ観てはいるのだが

 

私はこのNHKで放送された 「瀕死の白鳥」が一番好きだ。

 

実家のブラウン管テレビの中で、踊る彼女。

 

テレビの周りにある、日常の雑多な部屋の中さえも問題にしない美がそこにはあった。

 

国も違い、バレエに関しての文化も教養もない1人の女を、驚かせ魅了してしまうプリマドンナ

 

真に美しい人。

 

いつまでも。