読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画雑感5

本日の映画「IN THE HERO」

 

唐沢さん、がんばってました。

しっかし、歳をとりましたね~! いやぁ、歳を感じました。

ほうれい線がくっきりひどく、隠せません。

このおかげで、いままで感じなかった彼の鼻の穴の大きくまぁるいところがくっきり浮かんでしまい残念なことになってしまって。

 

白い巨塔の時代には感じなかった痛みです。

あのとき、ゴローちゃんはまだ若くって美しかった。

その後も美しくって最近みなかったら、すっかり老けてしまってました。残念。

 

それにひきかえ、最近、消えたと話題(?)の福士蒼汰をばっちり拝ませていただきました。

演技そんな下手ではないと思うのですがね。どっかのAKB出身者やジャニよりよっぽど上手だと思いました。

そして、唐沢君と並んだおかげでさらに若さと美しさが強調されるという結果に。

出番が少なくなった分、より磨きをかけて頑張ってくださいね。

 

さて、映画の内容は・・・・まぁまぁです。

アクション、スーツアクターうんぬんの自分史をこんな映画に塗りこめて、唐沢君にとっては楽しい、美味しい仕事だったのだと思います(私は唐沢ファンです)。

 

展開はすぐに読めます。でもいいんです。こんなもんです。

 

唐沢君の足が上がっていて良かったねw・・・で終わりの映画です。それで良いのよ。

 

最後の戦闘シーンが長い。長いと感じさせてしまう。

アクションにおいて、唐沢寿明は2流ということを伝えてしまった。

往年の俳優さんたちは、ワイヤーアクションもCGもなく、こんなに退屈させませんでしたよ、唐沢さん。みんなにちやほやされて、自分がみえなくなった恥ずかしいプロになってしまったのかしらね・・・・これが一番、残念でした。

これから、老年の役が多くなってくると思います。

自分を見つめなおし、頑張ってほしい。演技の出来る人なのだから。

 

結論  唐沢寿明は、アクションはダメ。演技は上手い。これからもがんばれ!

 

以上。

 

☆蛇足☆ 主題歌はなんと吉川晃司。 子門 真人そっくりの声を作って歌ってます。

声って現在の技術と努力で作りこめるものなのだと教えてもらった作品でもあります。技術さん凄い。